緑内障と近視の関係

緑内障と近視の関係

 

 

 

 

緑内障と近視の関係

 

 

 

 

近視の人は緑内障になりやすいと言われています。
あなたが近視用の眼鏡をかけていて、
その度数がだんだんと強くなっていると感じているな
ら緑内障の検査も受けた方がいいでしょう。

 

 

もちろん、近視の人が必ず緑内障になるわけではありません。
ところで、緑内障とは実際にどのような症状なのでしょうか。

 

 

緑内障の人は視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりします。
普通の人の視野よりも狭くなるのです。
視野狭窄と呼ばれる症状です。
もしくは視野欠損です。

 

 

ただ、初期のころは自覚症状がありません。
わずかな視野狭窄や視野欠損は人の目は
自動的に補正してくれるのです。

 

 

したがって、実際には見えていない部分があるにもかかわらず、
それが自覚できないのです。
もちろん、精密な検査をすればわかります。

 

 

40代以上の女性に緑内障が多いと言われています。
自分も気になると思う人はまずは眼科で検査をしてもらいましょう。
近視の人は緑内障になりやすいと言われていますが、
直接的な原因ではありません。

 

 

近視も強さがあります。
強度の近視の場合は要注意ですね。
眼は年齢とともに確実に衰えてきます。
そのため、緑内障と気づかない人も多いのです。

 

 

気づいた時には治療ができない
レベルになっている場合もあるのです。
定期的な検査が必要です。

 

 

1年に1回の健康診断を確実に受けるようにしてください。
インターネットなどで簡易的な緑内障チェックが
できるサイトがあります。
利用してみるといいでしょう。

 

 

⇒緑内障対策はコチラ!